[スポンサードリンク]

中田です。

安い安いと評判のLCC(格安航空会社)ですが、

期間限定で行われるキャンペーンが

普段よりもさらにお得な値段で開催されているのを

ご存知でしょうか。

http://www.travel.co.jp/lcc/

値段を知ってしまえば

旅行に行く予定がなくても、

旅行に行こうかと思い立ってしまうほど、

格安な値段でのセールをやっていました。

 

開催されていた格安セールの一部

ピーチでは、関西=成田間が片道2790円~と

新幹線なんて乗ってられないくらい安く、

安い定番の夜行バスよりも低価格。

驚きの値段で出されていましたが、

他にも関西=香港が片道3590円、

那覇=香港が片道2990円と、

海外なのに国内と変わらない値段で販売されていました。

 

他のLCC、バニラエアでは

東京=函館2980円~、東京=沖縄2380円~、

東京=奄美大島3880円~、大阪=函館4980円~、

東京=セブ13800円~というセールをやっていましたし、

ソラシドエアや海外のLCCを含めて

14社の格安航空会社が定期的にセールを行っています。

 

ジェットスターではなんと破格の

「802円」

こんな値段で運行して大丈夫なのかと

心配になるくらいセールを開催していました。

 

過去のLCCビッグセールでは、

東京=沖縄間の運賃を

100円でセールされていたこともあり、

LCCのセール情報は、お得に生きていくためには

見逃せない情報になりつつあります。

 

そしてこういったセールの情報を、

いち早く入手することで、お得な旅が実現しますので

いち早くセール情報を入手するには、

ツイッターでのフォローやラインでの友達登録、

フェイスブックやメルマガ登録を活用して

[スポンサードリンク]

情報を入手するのが得策です。

 

ただし、格安だからと浮かれてばかりはいられません。

注意点もあります。

 

格安LCC航空券の注意点

①期間限定での販売で、多くの予約が殺到するため

必ずしも買えるとは限らないこと。

 

②手荷物や毛布や機内食など、機内サービスで別料金が発生すること。

 

③遅延率が高いこと。

 

④欠航の際の補償がないこと。

 

⑤座席の狭さなどが挙げれます。

 

⑥座席指定が有料、または座席指定できない。

 

座席が狭いのはよく聞くので、覚悟の上ですが、

手荷物の預け入れが有料なのは、通常とは異なる部分なので

注意が必要です。

 

通常では1人につきスーツケースなどの

荷物の預け入れが1つでき、サイズや重量のオーバーで

有料になるという認識が浸透しています。

 

なので、有料になるとは知らず、当日に荷物の預け入れをして

有料であることを知る場合もあり、

料金種別によっては、手荷物料が含まれていることもあるので

含まれていない場合は、

予約時のオプションで購入しておくほうが、

チェックイン時よりは安くなるようです。

 

欠航に対してもフォローがないので、

自己解決しなければなりません。

欠航率は高くはないようですが、知っておくことで

事前に対策できます。

 

LCC格安航空のまとめ

通常でも低価格を実現していて、

低所得者にも、身近な存在になってきていますが、

格安航空券をゲットできたとしても、

自宅から空港までのアクセスにかかる時間や料金と

目的地に到着する際の空港からのアクセスと

かかる時間の料金をプラスして、

新幹線や夜行バスと比較し、

お得であれば利用するのが一番お得だと思います。

 

空港から目的地が不便や自宅から空港までの

アクセスが悪いなどは、

新幹線や夜行バスのほうが便利な時があります。

 

アクセス環境において、

LCCを活用したほうがお得な環境にいる人が

なお有利にお得感を味わえる事でしょう。

 

では、中田でした。

[スポンサードリンク]