[スポンサードリンク]

 

中田です。

2014年から始まったNISAですが、新たに

つみたてNISAという新制度が始まるようで、

運用開始は、2018年1月からですが

口座の開設は、2017年10月から開設できるようになります。

 

この制度の名称も「つみたてNISA」という名称で

統一されたそうですので、

検索するときは、「つみたてNISA」と入力しましょう。

 

つみたてNISAについて

http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/

 

NISAという少額非課税制度があるのに、

「つみたてNISA」を新設したのはなぜなのかという

疑問はありませんか?

 

非課税投資ができるNISAで

投資は十分ではないかと思うのですが、

2014年から始まって以来、

金融庁の検証データによると

NISA枠で運用している年齢層は、60歳代が多くを占め

20代、30代、40代の活用が少ないそうです。

 

こういった非課税の枠は、別名若年層応援制度と言って

少子化に伴う、将来の年金受給額の減少を想定した、

資産形成を応援している制度ですが、

もっとも活用している年代は、60代で

次に続いているのが70代というお金を持っている世代が、

NISAを活用することで、

益々資産を増加させているのが実情なようです。

 

国がもっとも活用してもらいたいのは、

若年層なことから、

若年層が活用しやすく、有利な非課税案を

設立したのだと思います。

 

このつみたてNISAは現状のNISAとは異なり

運用期間、年間の非課税枠、運用金融商品が異なります。

 

そしてNISAとつみたてNISAの併用はできませんので、

どちらかを選択しなければならないことからも、

両方の仕組みや違いを、正しく理解することが重要です。

 

つみたてNISAとNISAの違い

出典:SBI証券

 

つみたてNISAのポイントは、

非課税となる期間が20年間と長期の運用ができることで、

NISAは5年間の運用期間となっていて、

申請手続きすることでさらに5年間延長運用できますので、

[スポンサードリンク]

5年間か長くても10年間の運用期間になります。

 

つみたてNISAの年間の上限投資枠は40万円で

NISAは年間120万円ですが

運用期間を含めた非課税のトータル運用額は、

つみたてNISAが最大800万円で、

NISAは最大600万円になります。

 

NISAは、株式投資での売買もできますし

投資信託などでも運用できますが、

つみたてNISAは決められた対象の投資信託などから、

金融商品と毎月定額でいくらの積み立てをするかを決定し、

運用していくので、売買はありません。

つみたてNISAを途中で解約することは可能です。

 

 

つみたてNISAの魅力は、

ドルコスト平均法です。

 

投資のタイミングを考える必要もなく、

自分が決めた金融商品を毎月自分が決めている

定額を積み立てていくだけなのですが、

その時の価格によって買う口数が変動する買い方になっていて、

価格が高い時は、買う口数は減りますが、

価格が安い時は、買う口数が増えるという買い方なので、

平均的に購入していけ、長期間運用することで

資産増加の確率が圧倒的高くなりますので、

人気あります。

 

現状のNISA口座で運用している70%の人たちが

この投資信託での積み立てを実施していることからも

ドルコスト平均法が長期運用では

最も支持されているのがわかります。

 

ドルコスト平均法に関しては、

動画などで詳しく解説してくれているものもありますので、

検索すれば拾えると思います。

 

銀行など預貯金の利子に対しても、税金は20%ひかれています。

通常の資産運用ももちろん利益に対して、(売却益、配当金など)

20%の税金がかかりますので、

非課税で運用できるメリットというのを

自分なりに考えてみる事を提案します。

 

では、中田でした。

[スポンサードリンク]