[スポンサードリンク]

中田です。

今一番お得な節税、三大優遇税制の3つ目を

記していきます。

 

個人型確定拠出年金iDeCoとは

毎月決めた一定額を積み立てていくのですが、

積み立てているお金は、用意されている金融商品で運用され

運用益として積立額が増えていきます。

 

普通なら運用益には税金がかかるところ

運用益に税金はかからず、

所得税や住民税を軽減させることができ、

受け取り時にも公的年金控除や退職所得控除になるという

節税商品です。

 

なぜいま話題になっているかというと、

これまでは一部の人しか、加入できなかったのが、

今年から公務員や専業主婦といった、

誰でも加入できる制度になったからです。

 

積立額の最低額は、5000円からで

最高68000円まで積み立てることが来ますが、

68000円まで積み立てられるのは自営業の方のみ。

一般的なサラリーマンや主婦などは、最高額23000円です。

公務員は12000円と低い積立額になっていますが、

企業によっては、12000円や20000円になることも

ありますので、加入資格診断をして自分の限度額を

知っておきましょう。

http://www.dcnenkin.jp/

 

一度加入すると、60歳になるまで引き出すことができませんので、

積立額が払えないときでも、払い込みを中断できるのですが、

引き出すことは60歳までできません。

 

また、中断や再開はできるようになっていますし、

積立額の変更も、年に1度だけ行えます。

 

金融機関選びが重要

金融機関によって扱っている商品が異なり、口座管理費用や信託報酬という

ランニングコストもかかるので、コストの低い金融機関を選択したほうがよく、

知識のない人は、ここで悩んでしまい面倒くさくなってあまり深く考えずに

口座管理費用だけを見て、金融機関を選んでしまうかもしれませんが、

[スポンサードリンク]

信託報酬は長期間の運用になれば大きな額となっていきますので、

信託報酬の低い商品がある金融機関を選んだほうがいいと思います。

 

商品の分類として、元本確保型とリスク型があるのですが、

ここで投資信託の知識があれば、商品ラインナップをみて

これが良いなどと、決めやすくなってきますが、

素人はここでは難しく感じて、元本保証型を選択してしまいます。

 

元本確保型は堅実ですが、利回りは低く

元本割れはしないので、堅実派にはお奨めですが

定期預金がメインで、銀行に預けているよりは、金利は良い

生命保険関係にお金を預けているようなイメージですね。

 

リスク型は、もちろんリスク型で

元本割れのリスクがありますが、積立金の

数倍になる可能性もあります。

 

どちら型にするかは、個人によるもので

どちらが良いとは一概にいえることではありませんが、

どちらにするにしても、掛け金が多いほうが

お得度は増すでしょう。

ちなみに私は、リスク型で申し込んでいます。

 

申し込みが面倒で完了までに3か月もかかりますが、

やらないよりは、やっておく節税対策です。

 

最後に

個人型確定拠出年金は長寿になっている老後を

助ける金融商品だと思います。

 

実際に、老後に支給される国民年金や

厚生年金だけで生活できないという声が多々あり、

今国民が支払っている国民年金料や厚生年金料も

国が定めた行政機関で運用されているので、

個人型確定拠出年金も運用されるのは同じですから、

運用しないと大きなリターンに望みはありません。

 

本来支払う所得税や住民税の軽減された資金で

運用していけば、お得なのは言うまでもないでしょう。

 

では、中田でした。

 

[スポンサードリンク]