[スポンサードリンク]

 

中田です。

ゴールデンウィークも終わり、

遊びもひと段落ついたところなのですが、

暖かく気候の良い時期は一瞬で、

間近では夏休みという長期連休が控えています。

 

混雑時期は早くに予約を入れておかないと

宿泊先が取れないこともあるのですが、

民泊という選択肢が増えたことで、

慌てなくても取れるようになりました。

 

お得な旅にするには 民泊編

https://www.airbnb.jp/

 

民泊においての考え方としては

世界観点と日本では相違している部分がありますので

ウキペディアなどで、一度確認しておきましょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%8A

 

日本では2018年にかけて、

一定の法規制を定めた上で、段階的に全国規模で

解禁する方針を表明しているので、

まだ全国的に解禁されたわけではありませんが、

今後は全国的に民泊ができるようになることを踏まえると、

お得な旅にしやすくなっていくと思います。

 

宿泊先でなく、体験もサービスとして提供されているので、

これまでとは違った旅の楽しみ方もできるようになっています。

 

民泊で世界的に知名度のあるのはairbnbで、

日本に広まったきっかけとなり、

今では、民泊を仲介している日本のサイトも

あります。

 

STAY JAPAN(ステイジャパン)

https://stayjapan.com/

 

出張のビジネスマンをターゲットにしている

TripBiz(トリップビズ)

https://tripbiz.com/jp

 

宿泊を提供するのがメインではないので、

民泊が解禁されていない地域や条件を

満たしていない宿泊先の可能性がありますが、

多目的スペースのレンタルサイト

スペースマーケット

https://spacemarket.com/

 

 

民泊サイトの使い方や注意点

民泊は貸主が素人の場合が多く、

一般的なホテル感覚で泊まると、

トラブルになりかねません。

 

事前にチェックしておくことで、トラブルや

[スポンサードリンク]

リスクを軽減させましょう。

 

多くの宿泊先は、1部屋当たりの価格を

表示していますので、人数が増えても同料金で

宿泊できるのですが、人数設定がされてあり

設定人数を超えると、追加料金が発生したり、

初めから人数での料金設定をしている

宿泊先がありますので、

必ず料金形態を確認することです。

 

そして、大抵は口コミやレビューが表示されていますので、

必ず読んでおくことで、リスクやトラブルの回避になります。

 

ホテルとは違い、設備や環境も整っていませんので、

荷物は多くなる傾向があります。

付属しているものやしていないものを

泊まる際に必要なものをチェックして

忘れ物のないようにすることです。

 

また、貴重品をいれておくような

金庫がない場合もありますので、

貴重品をどうするかを、

事前に考えておかなければなりません。

 

1部屋貸し切りではない場合は、

同泊する旅行者がいるので、

旅行者の人柄までは調査できないことからも、

安いからと言って、安さに釣られないように

目的に合った宿泊先をしっかり選ぶことです。

 

宿泊先を安く抑え、格安航空券で旅に出れば

お得度はマックスになりますね。

 

前回のお得な旅で紹介したサイトを利用すれば、

格安航空券の比較や購入ができます。

お得な旅にするには

 

旅は飛行機だけではありません。車での旅でも

お得になるケースがありますので、

次回は車でのお得な旅を紹介します。

 

では、中田でした。

 

[スポンサードリンク]