[スポンサードリンク]

 

中田です。

新宿という立地で、288円の定食を販売して成り立っているという

驚異的な安さで提供している食堂があるようです。

昼夜営業して弁当まで販売している激安食堂があるなんてすごいですよね。

近くにあったら絶対行きますね!

 

では、本日お届けするお得情報です。

新規イオンカード開設20%還元d払い併用で40%~45%還元

http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon.html

 

キャンペーン期間

新規開設期間/2019年7月1日~2019年9月30日

※要エントリー

利用期間/2019年7月25日~2019年7月31日

2019年8月25日~2019年8月31日

2019年9月24日~2019年9月30日

 

対象カード

すべてのイオンマークのカード、デビットカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA
※法人カード、サンデーアグリッシュカードは対象外となります。

 

特典概要

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。
※対象カードに付帯されている「WAON」や「Suica」などの電子マネーご利用分はキャッシュバックの対象外となります。

★キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で、以下の条件を満たしている方が本キャンペーンの対象となります。

①入会期間中に新規でご入会いただき、利用期間中に対象カードでカードショッピングのご利用があること

イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードいただき、対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインのうえ、本キャンペーンにご応募いただいていること

対象カードの引落口座がイオン銀行であること

※①~③をすべて満たしている場合は対象金額の20%を、①②のみ満たしている場合は対象金額の10%をキャッシュバックいたします。

※①~③は同一カードであることが条件となります。

引用URL:http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon.html

 

忘れがちなのでちょっとした裏技として記述しておくと、

[スポンサードリンク]

新規開設される際は、ポイントサイトやA8などを経由して申し込んで

成果報酬も同時にゲットしておくのがベストです。

 

イオンカードと言えばWAONポイントが付与されますが、

還元率が0.5%だったが1%になったので

通常の無料のクレジットカードと肩を並べています。

注意事項がたくさんあるので、しっかり読んで

理解した上で申し込んでください。

 

d払い併用で40%~45%還元

 

キャンペーン期間

2019年8月13日~8月31日

※要エントリー

 

7月は1日~31日まで20%還元をやっていましたが

8月は13日からになっています。

 

※d払いはクレジットカード登録できますので

申し込んだイオンカードを設定してd払いで決済すると

40%の還元率となります。

 

※アマゾンはクレジット決済非対応です。

d払いのポイント決済しか対応していないので注意が必要です。

 

※d曜日を併用することで45%の還元率となります。

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dp/cpn_dp5_sat.html

 

d払いの20%~25%の還元は

dポイント(期間・用途限定)での還元となりますので

実質イオンカードのキャッシュバック還元とは別になります。

※ただし、ときめきポイントはdポイントに交換できます。

 

新規で開設できない人は、

d払いに還元率の良いクレジットカードを設定しておくと良いと思います。

管理人はリクルートカードを設定しています。還元率1.2%です。

100円で1%とかではなくひと月分のトータルに対して1.2%の還元なので

切り捨てられる損失が少なくて済みます。

 

d払いは20%還元ではないとき通常で利用したときは

dポイント0.5%の還元です。

リクルートカードと合わせると1.7%の還元率になります。

ポイントはリクルートポイント⇒ポンタポイント⇒dポイントの順で

交換できますので合算することもできます。

 

ランクがないときや色々なキャンペーンなどが行われていないときは

この1.7%還元がお得かと思います。

 

参加される際は、注意事などを読み

理解した上で参加してください。

 

では、中田でした。

 

[スポンサードリンク]