[スポンサードリンク]

 

中田です。

ネット通販のシェア率が最も高いアマゾン。

お得に活用している人はどれくらいいるでしょうか。

 

案外普通に、買いたいものを買いたい時に買いたいだけ買っている

だけかもしれません。

 

ネット通販・ネットショッピングする際は、

各々利用するサイトのお得な活用法が存在しています。

本日は、アマゾンをお得に活用する方法を

記していこうと思います。

 

お得にAmazon活用術

https://www.amazon.co.jp/

 

少しでも安く買うなら、タイムセールを狙うのが一番。

タイムセールなので、時間帯に応じて

販売価格が変動しています。

数量多めに買うことになったりしますが、

タイムセールがねらい目です。

 

タイムセールにはカテゴリによって曜日や時間が異なり、種類もあります。

・特選タイムセール

通常1日に最大で5件しか行われない、24時間限り・数量無制限の「本日の特選商品」です。

・数量限定タイムセール

最大で8時間で終了する、時間・数量限定のセールです。Amazonショッピングアプリをお使いのお客様は、「ウォッチリスト」機能をご使用いただけます。

・お買い得情報

レジで割引キャンペーンや、複数商品購入でお得になるまとめて割引、ポイントキャンペーンなどのお買い得な商品・情報をまとめています。

 

買いたい商品のタイムセールがない場合がありますが、

粘り強く待つことも必要です。

曜日ごとにチェックするのは大変ですので、

タイムセールを見逃さないための機能で、

Amazon ショッピングアプリのウォッチリストを使ったり、

メールマガジンに登録しておけば、

特選タイムセールの開催情報が配信されてきます。

 

プライム会員は、

30分早くからタイムセールに参加が可能です。

(Amazonファミリー、Amazon Student会員、無料体験を含む)

 

そして、アマゾンにはクーポンもあり

検索窓にクーポンと打ち込むと

現在のクーポンが表示されます。

商品によっては個数が多くなる場合がありますが、クーポン使用で、

通常より安く買えます。

 

まとめて買うなら業務用ストアで大量に購入するのが

お得に思いますし、アウトレットで掘り出し物を探すという

手もあります。

 

安値で買う別の方法としては、Google Chromeの機能にある、

Amazon Price Trackerを使って、

お目当ての商品を最低価格になればメーが届くように

設定しておくことで、

希望価格で購入できる可能性があります。

 

次に、定期便を利用する方法もあります。

消耗品などの日用品が10%~15%お得になります。

[スポンサードリンク]

・1カ月から6カ月の好きな間隔で定期的に商品が届く
・通常の定期便は10% OFF
・Prime会員は3つ同時発送で15% OFF
・Amazonファミリー会員なら子育て用品15%OFF
・食品や日用品10% OFF以上はない
・1回のみの利用でもキャンセル可能

 

※注意点として、設定した発送日でないと

割引にならず追加分の発送は割引になりませんので、

追加発送する際は、設定した日付を変更しなくてはなりません。

 

さらにお得に買い物するには、

ポイントアップモールなどの、

何かしらの還元されるメリットのあるサイトを経由で、

アマゾンにアクセスして購入することで

お得度が増します^^

 

プライム会員になることでさらにお得に

最初は無料体験がありますが、

利用頻度が高いなら、プライム会員がお得です。

 

プライム会員とは、年会費3,900円でお急ぎ便・日時指定便がいつでも利用でき、

プライム会員対象の映画やドラマが観放題で、音楽も聞き放題。

対象のKindle本から月1冊無料で読書 でき、写真を無制限に保存し放題。

Amazonパントリーの利用ができ、

食品や日用品の低価格の商品を1点から買えるサービスで、

ひと箱あたり290円の手数料がかかります。

その上、タイムセールや定期便での優遇もあります。

 

年会費といえど、12か月で割るとひとつきたったの325円です。

プライム会員のメリットを考えると、

325円以上の価値はあるはずです。

 

もっとお得にするなら、Amazon Mastercardクラシックでの

買い物をすることです。

年会費初年度無料、翌年以降一回以上の利用で無料になるクレジットカードで、

アマゾンでの通常の買い物で1.5%のポイント還元率。

プライム会員なら2%の還元率。

アマゾン以外のお買い物でも1%の還元率です。

アマゾンのポイントががつがつ貯まるカードです。

 

ちなみにアマゾンポイントが貯まる

商品にはばらつきがあり、

買えば必ずしもポイントが貯まるのではありません。

検索でポイントが付く商品を探すこともできますが、

Amazon Mastercardクラシックで買い物することで、

バラつきをなくすことができます。

 

また、注意点として、

他サイトでのアマゾンのお得な利用法などで

紹介されている

アマゾンギフト券を定価以下で購入して

アマゾンで買い物することで、

通常よりも安価で買い物ができると紹介されている

場合がありますが、入力方式のものは

その性質にリスクが伴いますので、

自己責任で行うようにしましょう。

 

下記のように注意喚起している媒体もありました。

Amazon ギフト券の換金・転売はAmazon ギフト券細則により禁じられております。転売や不正によりAmazon ギフト券を取得された場合、Amazonは、当該Amazon ギフト券の利用を拒否する場合があるほか、関連するお客さまのAmazonアカウントを閉鎖する場合があります。

 

では、中田でした。

[スポンサードリンク]