[スポンサードリンク]

 

中田です。

ATMでお金を引き出すのは、毎月の事。

この手数料を払わないことでコツコツと大きな節約になっていきますので、

ATM手数料は払わないのが節約においては鉄則なのです。

 

基本的には平日の無料の時間帯に、

大手メガバンクのATMに直接行って引き出すか、

提携している銀行で引き出せば、

無料で引き出せるのですが、行けない人もいますよね。

 

回数制限はありますが、

ある条件を満たすことで無料にすることもできますし、

一か月で何回もATMを利用している人や、時間帯問わず引き出せる

コンビニのATMの利用が便利で利用者も多くなっています。

 

しかしコンビニのATMは手数料がかかるのがほとんどで、

条件を満たすことで回数制限付きで無料にすることができますが、

条件を満たせない人でも、コンビニATMの手数料を

無料にする方法があることをご存知ですか?

 

では、コンビニATMの出金手数料を無料にする方法を

順追って記していきます。

 

大手三行のコンビニATM無料の条件とは

給料の振り込みは、大抵は大手三行の銀行だと思いますので

条件を満たせそうなものだけ抜粋します。

変更になる場合もありますので、現状での満たせそうな条件を抜粋。

 

三井住友銀行の条件は、SMBCポイントパックを契約し

且つ、WEB通帳の契約か、クレジットカードの引き落としがあれば、

コンビニATM(セブン・ローソン・イーネット)での

引き出し手数料が月4回まで無料になります。

 

三菱東京UFJ銀行の条件は、

スーパー普通預金(メインバンク プラス)に契約し

お取引状況に応じたステージ優遇や条件より、期間中3回まで

提携先コンビニATM利用手数料が無料になります。

条件はこちら
「三菱東京UFJダイレクト」のご契約および初回登録
預金残高等合計30万円以上
または、給与のお受け取り(1回あたり10万円以上/月)
または、NISA口座での投信つみたて(継続購入プラン)の自動振替等

 

みずほ銀行の条件は、

みずほマイレージクラブの入会(無料)

且つ、みずほダイレクト(インターネットバンキング)か

簡単残高照会(インターネット残高照会)の登録

且つ、みずほクレジットカードの支払い

または、給与の受け取り、またはみずほ銀行が引き落としの

オリコカード毎月のご利用3千円以上の引き落とし

または、30万円以上の預金残高の条件を満たすことで

イオン銀行含む、コンビニATMが月4回まで無料になります。

 

他の条件もあるので、一度確認することをお勧めしますが、

[スポンサードリンク]

これらの条件でコンビニATMを無料にすることができます。

 

条件を満たせない人は諦めると思いますが、諦めないでください。

まだ方法はあります。

条件を満たせなくてもコンビニATMの手数料を無料にする裏技的方法とは

条件を満たせない人や大手3行以外の銀行でも

コンビニATMの引き出し手数料を無料にする方法があります。

 

それは、ネット銀行を利用することで解消されますが、

裏技として証券会社経由でお金を引き出す方法もあります。

 

まずはネット銀行から。

新生銀行は、コンビニATMとゆうちょATMの利用が無料。

じぶん銀行は、コンビニATMと三菱東京UFJのATMが無料。

住信SBIネット銀行は、コンビニATMとゆうちょとイオンATMが無料。

楽天は10万円の預金で1回無料。セブン銀行はセブンATMで無料。

※曜日・時間帯によっては有料になる場合あり。

 

というふうに、ネット銀行であれば

ATMの手数料は無料が多く、

まだ他にもATMの手数料が無料になるネット銀行はあります。

 

こういった手数料無料の銀行で口座を開設すれば、

無料でコンビニATMからお金を引き出せますが、

口座にお金が入っていないですよね。

 

そこで証券会社を使ってお金を移動させましょう。

証券会社であれば、お金の移動は無料でできます。

この方法が裏技的方法になります。

一部、無料で出金できない銀行がありますが、

大抵の銀行へ出金できるようになっています。

 

SBI証券が便利なので、例にします。

三井住友銀行などの銀行からSBI証券にお金を入金し、

新生銀行などに出金手続きをすることで、

銀行口座にお金が入ります。

 

この場合、新生銀行のキャッシュカードで

コンビニATMで引き出せば無料でお金が引き出せるのですが、

SBI証券と新生銀行に口座を開設しなければなりません。

 

手続きが面倒くさいですし、口座を2つも開設しなくても

効率よく引き出す方法があります。

 

SBI証券に口座を開設し、キャッシュカードを申し込めば、

SBI証券に入金されたお金をそのままキャッシュカードで

引き出すことができます。※入金も無料。セブン7時~19時。

 

つまり、お奨めは住信SBIネット銀行のキャッシュカードを

持つことになります。

すなわち同時にSBI証券の口座を開設することにもなりますが

かなり便利にコンビニATMを無料で使い倒せてしまいます。

 

では、中田でした。

[スポンサードリンク]