[スポンサードリンク]

 

中田です。

節約するなら、

激安店に買いにいくのが基本ですが、

時代的にはクレジットカードか

電子マネーでの買い物でポイントを貯めて

節約するのが主流になっています。

 

激安店ってそうそうどこにでもあるわけではないし、

何でも売っているところではないので、

必要な時だけ激安店を利用して、

普段は電子マネーかクレジットカード決済をして

ポイントを貯めて支出をカバーするのがお奨めです。

 

チリも積もれば山となる路線なので、

かなり地道な道のりになりますが、

節約というのは本来地道な事の積み重ねですからね。

 

ところで電子マネーって

どうやって使っていますか?

レジ前で現金渡してチャージしてませんか?

 

電子マネーの種類など

電子マネーで一番利用率が高いのはnanacoですが、

楽天EdyやWAON、Tマネーや交通系電子マネーsuicaなどで

それぞれに利点があって、環境に応じた

使い勝手もあります。

 

ただ、一番利用率が高いnanacoだけが

100円の利用につき1ポイント貯まるので、

それが人気の理由なのかもしれません。

 

目的に応じたり、環境によっては

nanacoよりも他の電子マネーのほうが便利だったりで、

ANAマイルを貯めているからEdyやTマネーのほうがいいとか、

仕事での往復の時に使うから交通系のsuicaが良いとか、

何が一番良いとかは一概には言えないのですが、

単に節約だけを考えるのであれば、

100円で1ポイント貯まる、

nanacoの右でるものはないと思います。

 

複数の電子マネーを併用するのもありだと思いますが、

今日はnanacoに特化して書いていきます。

 

nanacoのお得な理由と使い方

まず、電子マネーはお金をチャージしていないと

利用できないので、チャージをするところからなのですが、

チャージが重要であります。

 

nanacoが利用できるお店のレジで

現金を渡してチャージをするか、

セブン銀行のATMでチャージするか、

イトーヨーカドーなどに設置してあるチャージ機か、

nanacoギフトからのチャージか

クレジットカードからのチャージがあります。

 

この中でチャージすることで

メリットがあるのは、クレジットカードで

クレジットカードからチャージすることで

ポイントが貯まるクレジットカードがあります。

 

ポイントが貯まるクレジットカードは

限定されていますので、どのクレジットカードでも

チャージすることで貯まるのではありません。

 

電子マネーのクレジットチャージで

ポイントを付与しているクレジットカードは

セブンカードなど複数あるのですが、

還元率が異なるので、一番還元率の良い年会費無料の

クレジットカードから電子マネーのチャージをするのが、

一番お得なりますし、鉄則であります。

 

チャージすることでポイントが貯まり、

nanacoの利用でポイントが貯まるからです。

チャージするだけでは額面は減っていませんので、

nanacoの利用で実質ポイントの2重取りができてしまいます。

 

今一番還元率の良い年会費無料のクレジットカードは、

リクルートカードで、還元率1.2%。

10000円をnanacoにチャージしただけで、

120ポイント貰えるクレジットカードです。

nanacoで10000円遣い切ることで100ポイント貯まるので、

合わせると220ポイントが1万円を遣うことで貯まるのです。

※細かい話ですが厳密には、nanacoは100円で1ポイントなので、

150円などの中途半端になってしまった場合では、

1万円遣い切っても100ポイント貯まっていません。

なので一撃で1万円を遣うほうがお得ということになります。

[スポンサードリンク]

 

チャージして貯まる120ポイントはnanacoポイントではなく、

リクルートポイントになりますが、

ポンタポイントに交換できたり、リクルート系列の

ホットペッパーなどで使えますので、

利便性は思いのほか高いです。

Apple Payにも対応(Visa/Mastercard(R))

詳しくはリクルートカードへアクセスして確認してください。

http://recruit-card.jp/

 

基本的にはポンタポイントに交換することをお奨めします。

ポンタポイントと等価交換できるので、

リクルートポイントとして使うのも良し、

ポンタポイントとして使うのも良しで、

ポンタポイントにしておけば

JALのマイルやdポイントに交換できるポイントです。

詳しくはポンタwebへアクセスして確認してください。

https://point.recruit.co.jp/point/

 

ポンタポイント消失の期限は

最終取得日から1年間となっていますので

Tポイントと同様です。

Tポイントのライバルになるような感じで、

色々なポイントをポンタポイント1つに集約しやすくなっています。

ポイントサイトで貯めたポイントをリクルートポイントにすれば

ポンタポイントに集約でき、航空系はTポイントはANAのマイル、

ポンタポイントはJALのマイルと交換できます。

 

リクルートポイントは使いにくいという人は、

還元率は落ちますが、Yahoo! JAPANカードの

ブランドをJCBにすることで、

nanacoのチャージで1%のポイントが還元されます。

Yahoo! JAPANカードはTポイントが貯まります。

 

同様に、楽天カードのブランドをJCBにすることで

楽天ポイントが貯まります。

還元率もYJカード同様1%の還元率です。

 

ほんの少しの還元率の差なので、

貯めたいポイントでチャージするのが

お得で便利に使いこなせると思います。

 

まだ他にも、

チャージでポイントが貯まるクレジットカードはありますが、

還元率が低くなってしまいます。

 

また、今後新たに優遇されたクレジットカードが

発行されることもありますし、

還元率が改悪されることもありますので、

現時点でのお奨めクレジットカードになります。

 

そしてさらにお得にするには、

nanacoにチャージした1万円の使い道で

お得にします。

 

nanacoにチャージしたお金の遣い道をお得にする裏技的方法

 

その方法とは、

セブンイレブンなどで売っている1万円分のQuoカードを

nanacoで購入します。

1万円のQuoカードには180円のプレミアがついているので

ポイントの還元ではなく、180円をお得にする方法です。

 

ただしこの場合、nanacoポイントは貰えません。

ではなぜお得なのかは、

nanacoで通常通りに1万円を消費した場合は

100ポイント貯まっていますよね。

 

nanacoポイントの100ポイントは100円に値します。

Quoカードで1万円消費したほうが、80円のお得になるので、

100ポイント貯まるよりも180円のお得をする

裏技的な方法になります。

 

あとはQuoカードで必要なものを買えば、

1万円でクレジットチャージした120ポイントと

Quoカードで180円分お得になることで、

節約になるのですが、さらにさらにお得にしようと思えば、

ハウスカードの提示でポイントが貯まるお店で、

Quoカードで買い物をすれば、ポイントを貯めることができます。

※ハウスカードとは、Tカードやポンタカードの提示だけで

ポイントが貯まる事を言います。

この場合だと1万円分のTポイントが貯まることになります。

 

しかし、激安店で購入したほうがお得になる場合もありますので、

買うものによって、臨機応変に動くと良いと思います。

 

では、中田でした。

 

 

[スポンサードリンク]